BLOG
ブログ

門司港レトロでの着回しコーディネート撮影

今回お邪魔した門司港レトロでのコーディネートをご紹介します。

 

 

着回しといってもほどほどではございますが…

 

 

 

 

 

①ブラウンジャケット

 

 

次の撮影でも使いました。

 

続いて

②白のパンツ

 

 

そのまま白のパンツを使ってます。

 

③シャンブレーシャツ

 

 

 

 

しりとりの様に何かを一枚使う様にコーディネートしました。

 

 

実際撮影ではなく3泊4日の小旅行であれば、

 

もっとアイテム数を減らしますし、

ジャケットはそんなに何枚も持ってはいきません😅

 

 

そして靴は一足のみ。

 

 

靴が一足であればバッグも色々変える必要がなくなります。

 

 

サンダルくらいは夏シーズンだと予備に持って行くこともあると思いますが、靴とサンダルの色味を合わせるだけでコーディネートに迷う事は無くなります。

 

 

PITTIに行く方々や連日で行われる様なファッションショーにでも行かれる服職の方であれば色々と荷物も増えるとは思いますが…

 

 

もし仮に予備服を持っていくのならGパンとTシャツとナイロンジャケットくらいかなと。

 

 

その方がまだ着回しも増えますし、

汚れても大丈夫👌🏻なアイテムなので安心感がありますね。

 

 

 

話を戻しますが、

 

旅行に行った際の着回しを考えながら、

いかに荷物の量を減らすか考えながら、

どの様な場所にどの格好をしようかな?

 

と、考える時間も楽しいですよね。

 

 

 

一年間は365日。

その中で季節物アイテムが着れる期間は限られてます。

 

沢山服を持ちすぎてても着なければただのオブジェ。

 

着れる枚数をどう着回すか。

 

そのアイテム選択も、着方も、合わせ方も重要なポイントであり

そこがセンスだと思います。

 

 

クローゼットの中にあるアイテム、

着てる服と着てない服あなたはどっちが多いですか?

ブランド別ブログ一覧
BVLGARI ブルガリ
BOTTEGAVENETA ボッテガ・ヴェネタ
ALDEN オールデン
Max Mara マックスマーラ
ARC'TERYX VEILANCE アークテリクス ヴェイランス
Jimmy Choo ジミー・チュー
PARABOOT パラブーツ
Cartier カルティエ
HARRISONS ハリソンズ
FOX BROTHERS フォックスブラザーズ
TUMI トゥミ
Chloé クロエ
COMME des GARCONS コム・デ・ギャルソン
ARISTON アリストン
ISAIA イザイア
DORMEUIL ドーメル
HOLLAND&SHERRY ホーランド&シェリー
GOYARD ゴヤール
HERMES エルメス
Brunello Cucinelli ブルネロ クチネリ
GUCCI グッチ
CHANEL シャネル
Louis Vuitton ルイヴィトン
CELINE セリーヌ
FENDI フェンディ
PRADA プラダ
Salvatore Ferragamo フェラガモ
Yves Saint-Laurent イヴ・サンローラン
Christian Dior クリスチャンディオール
COACH コーチ
Dolce & Gabbana ドルチェ&ガッパーナ
Jean Paul Gaultierジャンポール ゴルチェ
Donna Karan ダナキャラン
VALENTINO ヴァレンチノ
Ermenegildo Zegna ゼニア
Loro Piana ロロピアーナ
LANVIN ランバン
leilian レリアン
Moncler モンクレール
Burberry バーバーリー
TOD'S トッズ
DIESEL ディーゼル
chrome hearts クロムハーツ
Ralph Lauren ラルフローレン
Lewis leather ルイスレザー
Versace ヴェルサーチ
LOEWE ロエベ
HERNO ヘルノ
Nike ナイキ
Aquascutumアクアスキュータム
ARMANI アルマーニ
ORGUEIL オルゲイユ
BUCO ブコ レザー
Barbour バブアー
bonz ボンズ
ZILLI ジリー
ブログ一覧へ
Arte GROUP